明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > 薩摩時代 > 島唄 

見出し1:薩摩時代

見出し2:島唄

 島唄とは奄美群島で歌われている民謡である。

 島唄はシマ唄とも表記されるが、その理由は奄美でいうシマ(集落)ごとに歌い継がれてきた唄だからである(「シマ唄」は島嶼という意味の「島」を敢えて使用しない表記の仕方)。

 島唄は例えば「朝花節」や「くるだんど節」といってもシマ(集落)ごとに歌詞も異なればメロディも異なる。
そもそも皆で集まって歌う唄遊びのスタイルで楽しまれるもので、唄遊びの中では即興で歌詞を作って歌い、更にその歌詞に対して別の者が即興で返す(掛け合い)ということもする。そういった性格上、島唄は一つの曲が固定的な形を持たない。
 各シマごとに歌い継がれてきた島唄はそれぞれに特徴を持ったものであり、それぞれのシマで大切にされ愛されてきたものである。

 それぞれの唄が作られた時期や作者は不明であるが、歌詞の内容から琉球時代以前から存在していたと思われる。

 琉球民謡と比較すると蛇皮を張った三味線を使うスタイルが一見似ているが、音階やメロディ、絃の太さや撥の形、奏法、音域などが違う。また、三味線がいつ頃から島唄に使われる楽器として普及したのかも定かではない。

 薩摩時代に作られたと思われる島唄は哀愁を帯びており、他方、琉球時代以前に作られたと思われる島唄はゆったりとしていて芸術性も高いといわれている。

 黒糖地獄ともいわれる薩摩時代にあって、島唄は奄美の人々にとって唯一の心のよりどころであったと思われる。島唄の歌詞には島民の生活の様子が生き生きと描かれている。