明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > 歴史スポット > 行盛神社 

見出し1:歴史スポット

見出し2:行盛神社

行盛神社 1185年の壇ノ浦の戦いで敗れた平家のうち一部が奄美へ逃れてきたという伝承がある。龍郷町戸口にあるこの行盛神社には平行盛が祀られている。
 奄美へ逃れた平資盛有盛・行盛はそれぞれ瀬戸内町諸鈍・奄美市名瀬浦上・龍郷町戸口に築城し、地域を治めたとされる。
 平行盛は稲作や漁獲方法を教えたり、倫理や道徳も教えたと伝えられている。
源氏の襲来に備え、今井崎や蒲生崎の見張りにも気を配った。しかし、ある日源氏が攻めてきたというデマにより自害したとも伝えられる(一方、実際に源氏が攻めてきた、という説もある)。行盛神社









(※1)地図は緑の矢印のポイント。


大きな地図で見る