明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > 歴史スポット > 今井権現 

見出し1:歴史スポット

見出し2:今井権現

今井権現 龍郷町安木屋場にある神社。
1185年の壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人達が一部奄美へ逃れたという伝承が残る。
 そのうち龍郷町戸口に城を構えたとされる平行盛に仕え、今井崎の見張り番(源氏が攻めてこないか監視する為)を務めていた今井権太夫が祀られている。
 今井権太夫はある日、見張りを怠ったために「源氏が攻めてきた」というデマが起きて、恐れをなした平有盛・平行盛らは自決したとう伝承がある(デマではなく、実際に攻めてきたという説もある)。責任を感じた今井権太夫はその後切腹した。
 また、古くから奄美に存在するユタ神様の神事「今井権現祭」もこの神社で行われる。
 現在の社殿は平成になって建てられたものであるが、1726年からの歴史を持つ古い神社。石碑と石段(1600年代に鹿児島本土から船で運ばれたもの)は町指定文化財。

(※1)地図は緑の矢印のポイント。


大きな地図で見る