明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > 奄美の人物 > 平有盛 

見出し1:奄美の人物

見出し2:平有盛

 たいらの ありもり。1164年〜没年不明。平重盛の四男。

 壇ノ浦の戦いで源氏に敗れ、平有盛は資盛行盛らとともにそこで入水したとも言われる(平家物語)が、奄美大島には有盛にまつわる伝説が残されている。
 有盛は資盛・行盛らとともに奄美へ逃れてきて、奄美を治めた。有盛は名瀬浦上に築城(※1)、他二人も加計呂麻島諸鈍・龍郷町戸口にそれぞれ築城した。

有盛は島の北側の守備を任されたため、龍郷町今井崎に見張りの砦を築き(※2)、源氏の襲来がないか監視させた。

 有盛と行盛は源氏が奄美へ攻めてくるというあらぬ噂が流れ、自害したとされる。

(※1)現在はこの付近に平有盛神社があり、有盛はそこに祀られている。近くには有盛の墓もある。
(※2)現在もこの場所に今井権現が残る。