明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > 奄美の人物 > 島尾敏雄 

見出し1:奄美の人物

見出し2:島尾敏雄

 しまお としお。1917年〜1986年。横浜市生まれ。作家。

 第2次世界大戦中に鹿児島県加計呂麻島呑之浦へ第十八震洋特攻隊隊長として赴任。出撃寸前のタイミングで終戦を迎えた。
 加計呂麻島では勇敢さと人情深い人柄から人々に慕われる存在だった。島で出会った大平ミホと後に結婚。

 代表作〜「死の棘」(文部省芸術選奨・読売文学賞・日本文学大賞、後に映画化されカンヌ国際映画祭で審査員グランプリ)、「出発は遂に訪れず」
 谷崎潤一郎賞、日本芸術院賞、川端康成文学賞、野間文芸賞など受賞。

 鹿児島県立図書館奄美分館初代館長。