明治時代以降 薩摩時代 琉球時代 グスク時代 先史〜貝塚時代
 HOME > グスク時代 > 平家の落人伝説 

見出し1:グスク時代

平家の落人伝説

 奄美各所には、1185年の壇ノ浦の戦い敗れて奄美に逃れてきたといわれる平家一族の伝承が残る。

平家の伝承

 平資盛・平有盛・平行盛(※1)らはそれぞれ奄美大島の瀬戸内町諸鈍・奄美市名瀬・龍郷町戸口に築城し、地域を治めた。
 資盛は島の人たちに踊りを伝えた。その踊りは国の重要無形文化財となっている「諸鈍シバヤ」として現在も残っている。資盛が祀られている神社は「大屯神社(おおちょんじんじゃ)」。

 一方、有盛と行盛はある日「源氏が攻めてきた」というデマにより、もう逃れられないと観念して自害したとされる(源氏が島に上陸して、源氏により殺害されたとされる説もある)。このデマの発生源は蒲生崎(奄美市笠利町)と今井崎(龍郷町)に源氏の見張り場を設けていたが、その見張り番が一日見張りをしなかったことが原因だとされる。
 また、行盛については農業や漁法、学問などを教え伝えたといわれる。

 有盛は有盛神社に、行盛は行盛神社にそれぞれ祀られている(いずれも築城と同じ場所)。

(※1)平資盛と平有盛は、平重盛の子。また、平行盛は彼らの従兄弟。平清盛は、資盛・有盛・行盛の祖父にあたる。